クウガからオーズまでの12作品がスピンオフ小説として登場


講談社キャラクター文庫創刊
仮面ライダークウガから仮面ライダーオーズまで
平成仮面ライダー12作が一挙スピンオフ小説に!

このたびテレビで人気の平成仮面ライダーシリーズの仮面ライダークウガから仮面ライダーオーズまでの12作がスピンオフ小説として刊行されることになりました。2012年11月末から「講談社キャラクター文庫」としてスタートします。
著者には本編テレビシリーズのメインライターを中心に魅力的な執筆陣がそろいました。

特撮ファンなら誰しもが知っているような執筆陣です。
ファンじゃなくても下記のメンツ紹介でピンと来ますよね?

クウガは「アキバレンジャー」や「大魔神カノン」他、東映特撮番組を20作品以上の荒川稔久氏。
カブトは「仮面ライダー響鬼」以降の平成シリーズのライターで、「プリキュアシリーズ」「アンパンマン」「ポケットモンスター」「ダンボール戦機」などの米村正二氏。
Wは「ダイの大冒険」の原作者としても有名な三条陸氏、
オーズは早稲田演劇出身の劇団「少年社中」の主宰兼脚本家の毛利亘宏氏。
毛利亘宏氏と平成シリーズを一緒に担当することが多く、「特命戦隊ゴーバスターズ」の小林靖子氏。

次回または次々回では、「仮面ライダー電王」は当時の番組プロデューサーで現東映株式会社取締役・映画企画部門担当の白倉伸一郎氏も執筆だそうです。

後日談あり、謎の解明あり、時代劇あり……仮面ライダーの世界観から生まれた新しいストーリーが楽しめます。
レインボー造型企画とブレンドマスターが製作した豪華特典物が特装本とセットになったBoxも限定発売します。
この機会をのがすとなかなか手に入らない貴重な純正商品です。どうぞご期待ください。
11月1日より、特装版の豪華Box企画の予約スタート!
通常版の発売は、11月30日より順次スタート!

syousetsu

『小説仮面ライダークウガ』著者:荒川稔久、『小説 仮面ライダーカブト』著者:米村正二、
『小説 仮面ライダーW』著者:三条 陸、『小説 仮面ライダーオーズ』著者:毛利亘宏
●2012年11月30日(金)発売!
●各巻定価:650円(税込)本体619円

ファンの方には3000個しか発売されない限定ボックスも気になるところですね。

小説 仮面ライダー | 講談社こども倶楽部

11月1日からネット予約開始だそうです。

平成仮面ライダー小説豪華BOX発売!|あなたの本をお届けします|ブックサービスの公式サイト

さあ、ショータイムだ!